神奈川県相模原市中央区上溝 テレビアンテナ建て替え工事

神奈川県相模原市中央区上溝 テレビアンテナ建て替え工事


夜になるとテレビが映らなくなり、日中にテレビが見れる現象が急に起こり


テレビアンテナ建て替え工事を承りました


お伺いした日が生憎の強風雨天で屋根に上るハシゴが掛けられず、お客様と


少しお話をする程度で現状確認する事が出来ず、順延して再訪問


アナログ時代に設置された既存アンテナ


アナログ時代に設置された既存アンテナですが、最近では見なくなった


高感度パラスタックUHFアンテナの一番素子数の多い27素子アンテナ


平塚局方向には配送センター建物


平塚局中継局受信の既存アンテナですが、平塚局方向には配送センター建物


広い上溝地区の国道129号線(上溝陸橋と上溝高校の中間)付近の受信低下は


地デジ化後のテレビアンテナ工事でよく見かける光景


受信基準値ギリギリになっている電波受信状況の既存アンテナだが


夜だけ映らない?と言うのは、原因が別にあると考えるのが普通


地デジ化以前に設置されたテレビアンテナの受信不良で近年問題になるのが


700M帯による電波障害(地デジ化以前のブースターと干渉して起こる不具合)


ブースター交換を無料対応してくれる対策工事もあるが、上溝付近では


既に24時間対応の電波配信エリアになっているはずなので、原因としては薄い


アンテナ自体が少し揺れ、そろそろお役御免の様になっている既存アンテナを


建て替えて経過観察する方向をご希望されるお客様


とは言え、どの電波塔が一番ベストになるのかが問題にもなる


本来であれば相模原中継局受信がベストと思えたが


本来であれば相模原中継局受信がベストと思えたが、三菱キャタピラー跡地に


新しい配送センター建設も進み、電波塔を塞いでいる感じの電波状況


地デジが映らないと言う電波受信状況ではないが、まだ建設途中でクレーンも


動き回り、不安定になる電波でテレビを見るには、将来の不安も残る


陽光台の丘が東京スカイツリー方向


陽光台の丘が東京スカイツリー方向


北里の丘が神奈川放送(TVK:横浜鶴見局)方向


北里の丘が神奈川放送(TVK:横浜鶴見局)方向


一段下がった上溝から両方の電波塔受信が基準値以上で出来る現状


しかも一番近い相模原中継局よりもCN比が良く、安定している


テレビアンテナ建て替え工事をするのであれは東京スカイツリー受信がベスト


当初の予想とは異なる電波受信捜索結果をお客様にご説明し、工事開始


陸屋根(平らな屋根)にアンテナ設置をする


陸屋根(平らな屋根)にアンテナ設置をする際、風で屋根馬が動く事も多く


上下2段8本アンテナ支線で取り付けさせて頂く方がより長い耐久性が得られる


東京スカイツリー、神奈川放送(TVK)受信が可能になる位置に方向調整


東京スカイツリー、神奈川放送(TVK)受信が可能になる位置に方向調整


神奈川放送(TVK)も見れる事に加え、東京MXテレビも見れる状況を確保


一段下がった地形的背景ではあったが、ローカル局に対応出来ました


当初ブースター故障や電波受信環境が疑われた、夜テレビが映らない現象


謎のままアンテナ工事も終盤に差し掛かる頃、お客様より


別の業者さんに一度頼んだが、納得出来る答えが無く、お宅に頼み直した


とは言え、まだテレビが見れなくなる原因が判明している状況ではない


可能性のある部分を正確に判断、確認する必要がまだまだある


普段だと建物引き込み配線を引き換えるのですが、お隣宅との隣接しており


引き込み位置にハシゴが掛けられず、再利用するしかない現状


天井裏に設置された分配器配線


テレビ裏に設置されていたブースターを天井裏に設置された分配器配線を


組替え天井裏にブースターが設置出来る様に準備を始めると


年末頃に4k8k対応BSアンテナを追加工事したい旨もあり


屋内分配器交換の追加工事


屋内分配器交換の追加工事のご希望+ブースター電源部設置


テレビ再設定で視聴状態に問題も無く、正常にテレビが見れている状態


4k8k対応BS混合ブースターに交換


最初に設置した地デジ用ブースターを4k8k対応BS混合ブースターに交換


後片付けなどをしながらテレビ視聴に不具合が起きない事を確認し完了


無線などでの電波障害、建物引き込み配線の断線などまだ確認出来ない事も


残り、お客様に経過観察して頂く事でテレビアンテナ建て替え工事は終了


問題が再発しなければ「無事完了」になりますが、数日後お客様より


神奈川放送、東京MXテレビが映らなくなって、一時回復したがその後全ての


チャンネルが映らなくなった(画像を頂き)緊急ご訪問


予想していた原因の一つであった建物引き込み配線の断線が原因であった


お隣宅と隣接し、ハシゴが掛けられない現状からFM配線用に引かれていた


既存配線を利用する事でテレビ視聴が回復、再度経過観察する事で対応


年末頃に外壁塗装予定があり、足場を掛けた際に引き込み配線をやり直し


軒天穴を広げ、鉄骨の隙間を通す工事になる事をご確認頂き終了


その後テレビが見れなくなる現象が収まり、今後の対応待ちとなりました



各お客様宅でテレビアンテナ工事が様々な状況である事は毎回の事ですが


予想出来る内容をいくつも思い浮かべ、対応策を事前に考えておく事は


スムーズにテレビ視聴を回復出来る準備なるといつも思っております


今回は「転ばぬ先の杖」が少しは役に立った感じです


テレビアンテナ建て替え工事の際に接続配線を揺すった時に減少が起こらず


数日後に減少が出た事が不運ではあったが、断線している配線箇所が


軽度なのかもしれない?と更に疑う・予測する目が養えました























ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント