神奈川県相模原市中央区上溝 テレビアンテナ工事

神奈川県相模原市中央区上溝 テレビアンテナ工事


2階建て工場ではあるが屋根が少し高く、アンテナ設置が可能なのか?

と会社工場にテレビアンテナ工事のご相談を承りました

お伺い早々、アンテナ設置位置捜索を開始すると

IMG_5646 のコピー.jpg

屋根の高さが一戸建ての3階建てと同等くらいなので問題は無かったが

コンクリート瓦、固定ボルトなどが経年劣化しており、アンテナ設置をするには

少々問題があり、別の位置を探す方が安全策になりそうな状況

相模原局が肉眼で見えそうなロケーションでアンテナ設置の電波受信状況は

非常に良い感じだが、テレビ視聴する位置までの配線引き回しが少し長く

工場内でテレビ視聴するのも1ヶ所なので出来ればアンテナ工事費を少し抑えたい

お客様の工事費用的なご希望とアンテナ設置から配線引き回し後の電波強度想定

相模原局受信と平塚局受信の電波強度、CN比の比較

相模原局受信と平塚局受信の電波強度、CN比の比較

数年後にアンテナ自体がサビ始めてからの電波受信低下を考えても平塚局の方が

電波測定した当日の受信強度も5デシベル以上強い為に決断

この電波強度を確保出来ればブースター不要でアンテナ工事費用が抑えられます

アンテナ設置捜索結果、アンテナ設置ご提案方法を素直にお客様にお伝え

ご担当者様のご都合で後日アンテナ工事が決定

足を勾配に合わせカット

片流れ波板屋根にアンテナ設置の為、大きい屋根馬の足を勾配に合わせカット

工場内鉄骨柱の隙間に貫通穴を開け、配線引き回し

工場内鉄骨柱の隙間に貫通穴を開け、配線引き回し

片流れ屋根にアンテナ設置の場合、上下2段8本アンテナ支線張りが基本

当たり前の事ですが、片流れ屋根の低い方に足払いされ倒れる事の防止の為

片流れ屋根にアンテナ設置の場合、上下2段8本アンテナ支線張りが基本

屋根馬も通常サイズでは足が波板凹凸部分に掛かってしまうので大サイズ

屋根馬も通常サイズでは足が波板凹凸部分に掛かってしまうので大サイズ

大サイズの屋根馬には、補強板が付いているので強度もより強くなります

鉄骨柱からの補強板よりアンテナ支線張り

この場所しかアンテナ設置が出来ず、ALC壁(コンクリート気泡壁)から

アンテナ支線張りも出来ないので鉄骨柱からの補強板よりアンテナ支線張り

工場入口の雨除け屋根上にアンテナ設置

ALC壁に壁面取付も無理矢理?って感じで検討しましたが、近年の強風を

考えると、強度的に不安要素が残り、設置場所検討を重ね、最善策として

工場入口の雨除け屋根上にアンテナ設置

ALC壁貫通穴部分に入線カバー設置+雨水防水コーキング処理

ALC壁貫通穴部分に入線カバー設置+雨水防水コーキング処理

ALC壁貫通穴部分に入線カバー設置+雨水防水コーキング処理

工場内のALC壁貫通穴部分にもコーキング処理

工場内のALC壁貫通穴部分にもコーキング処理

配線末端部分にテレビ壁端子ユニット設置

工場内を配線引き回し、配線末端部分にテレビ壁端子ユニット設置

配線プラグの抜き差しが多い事もお伺いしていたので配線プラグが

傷んだ際に容易に配線交換出来る様に一工夫

使用用途を事前にお聞きしていたので、配線交換がより簡単に出来る様

配線末端処理をさせて頂きました

予定通りブースター不要でテレビアンテナ工事が無事完了







テレビアンテナ工事 強度重視アンテナ工事仕様 神奈川県 相模原市中央区

テレビアンテナ工事 強度重視アンテナ工事仕様 神奈川県 相模原市中央区 施工例

テレビアンテナ工事 強度重視アンテナ工事仕様 神奈川県 施工例






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント