神奈川県横浜市泉区下和泉 アンテナ工事

神奈川県横浜市泉区下和泉 アンテナ工事


台風でアンテナが倒れ、放置していたアンテナ立替えの

ご依頼を知り合いの建設屋様より承りました

正直、横浜市、川崎市でのアンテナ工事施工ブログ記事は

積極的に書こうと思わなくなっていたので久しぶりの投稿

理由は物凄く簡単で...何でも無料見積もりのご依頼が多く

金額比較だけでアンテナ工事ご依頼になるケースばかり

加えて、台風後の受信改善・アンテナ修理のみばかりで

他社様の手抜き工事の後始末に少々嫌気が出てました

個人的な主観ですが、アンテナ設置後のアンテナ修理?

何故起こるのか?その辺は、もの凄く疑問です

台風後に当方施工のアンテナ修理は、ほぼ無いので

何がどうなれば...ここまでのアンテナ修理になるの?

と毎回現場では、屋根上で独り言の時

価格競争をしないのは、しない事での将来性重視

とは言え、お客様にご理解頂く事は非常に難しい現実

アンテナ工事は、誰がやっても同じ、金額が安い方が良い

この認識が現状にある限り、アンテナ修理は減らない

愚痴はこの辺にして...


アンテナが倒れ

綺麗にアンテナが倒れてくれた事で屋根の破損は無かった

破風板辺り

デザインアンテナ工事ご希望のお客様でしたが、壁面や

破風板辺りでの受信が難しく、少し高さが必要な状況

どの様にアンテナ設置するかを様々な視点から検討

屋根上設置した既存アンテナよりも高さを抑えられる

破風板取付で後日アンテナ工事で決定

一日で終わらず、見積もりのみとなるのは、非常に辛いですが

お約束のご予約日に再訪問

コーキングが痩せてしまい、少し隙間が出来ていた

コーキングが痩せてしまい、少し隙間が出来ていたので

塗装が出来るコーキング剤で一応補修してから開始

下穴を開け

下穴を開け、コーキング剤でまず保護

コーキング剤を塗り固定

ステンレスビス固定の際にコーキング剤を塗り固定

破風板取付

屋根上設置でアンテナが倒れる確率よりも破風板取付の方が

より長くお使い出来る可能性があると思い、ご提案

建物引き込み配線

建物引き込み配線の貫通穴がコーキング処理もされなく

配線接続部分に防水テープを重ね巻き

経年劣化した建物引き込み配線をカット、新設の渡り配線との

配線接続部分に防水テープを重ね巻き

ビニールテープを重ね巻き

防水テープ保護の為のビニールテープを重ね巻き

コーキング処理

建物引き込み配線余長分を建物内に押し込み、コーキング処理

入線カバーを設置

配線接続部分の防水効果をより高める為に入線カバーを設置

配線接続部分をカバー内に収めて、屋外作業完了

既存ブースター電源部

ユニットバス天井裏に転がされていた既存ブースター電源部

ブースター電源部を設置

分配器横にビス固定し、ブースター電源部を設置

予定通りのテレビ視聴状態が確保出来、無事完了


何をどの様にアンテナ工事をするかは、業者さん次第ですが

細かい点まで将来的な不安要素を考え、作業する事は

確かに時間、価格競争では出来ないアンテナ工事だと思います

何を求めるかは、お客様次第...何かの参考になれば幸いです







アンテナ工事 アンテナ立替え工事 神奈川県 横浜市 泉区

アンテナ工事 アンテナ立替え工事 神奈川県 横浜市 泉区 施工例






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント