神奈川県相模原市南区麻溝台 アンテナ立替え工事

神奈川県相模原市南区麻溝台 アンテナ立替え工事


神奈川放送(TVK)は見れるが民放局が見れなくなり

受信改善・アンテナ修理のご依頼を承りました

電波強度的に弱いローカル局の神奈川放送が映っていて

電波の強い民放局全てがブラックアウト(E202)になる

のは、誠に不思議な現象なので、お伺い前より興味津々で

既存アンテナ

お伺い早々、屋根の既存アンテナを拝見すると

既存ブースター接続部分

既存ブースター接続部分の根元より曲がってます

防水キャップも無い状況

防水キャップも無い状況

渡り配線

建物引き込み配線への渡り配線が屋根の上に転がり

瓦の雪止めに配線固定

瓦の雪止めに配線固定された所で防水キャップ発見

建物引き込み配線

建物引き込み配線引き回しは、これで良いのか?

アンテナ支線も緩み

アンテナ支線も緩み、アンテナが揺れてる状況

IMG_3469 のコピー.jpg

アンテナ支線取りは無く、雨樋の金具より支線取り

雨樋の金具は4ヵ所全てが曲がっている状況

お客様に見えない所ではありますが、この仕上げ方は

如何なものかと、現状を素直にご説明

お問い合わせで未だに多い『アンテナは一生使える』

と思われている都市伝説的?なご認識ですが

耐久性の高い塩害対策用アンテナ工事部材を使用しても

一生アンテナを屋根の上に放置する事など不可能です

今年に入ってのお問い合わせでも既に上記の思い込みの

お客様のお電話を頂きましたが、10~15年辺りを目安に

アンテナは入替えて行くのがベストかもしれません

*風のある日にアンテナが揺れていないかを確認

*下からアンテナを見て、茶色になっている

*アンテナ設置後、何年経過していますか

様々な事をお問い合わせ時にお聞きする事もございます

お客様宅の受信不良の原因は、アナログアンテナ時代の

UHFアンテナであっても受信自体に問題は無いが

渡り配線が引っ張られ、ブースター破損させた為と判明

揺れている既存アンテナに不安もありアンテナ立替え工事

東京スカイツリー方向

東京スカイツリー方向に建物がありましたが受信良好

破風板取付

破風板取付でも受信基準を満たし、低くする事が可能

瓦屋根にアンテナ設置するリスクを避けれました

渡り配線も屋根勾配に喧嘩しない様に引き回し

建物引き込み配線を雨トヨに隠しながら固定

ブースター電源部

天井裏に設置転がされていたブースター電源部を入替え

角材に固定し、テレビ視聴も無事回復

IMG_3473 のコピー.jpg

屋根の上を無造作に転がす渡り配線の引き方は

私は絶対にしないのですが、こんなに曲げるのかと実感

雪で配線を引っ張り、接続部分が抜ければ曲がらないが

抜けなかった事でブースター配線接続部を曲げ

風で防水キャップが抜け、時間を掛け、雨水で破損

配線一つの引き方で故障しなかったのではないか?

アンテナ修理にお伺いし、やってはいけない事を見ます

近年の価格競争優先は、お客様の選ぶ目も必要でしょう

今年も価格だけ聞かれるお問い合わせと戦いながら

我が道を行く『アンテナ工事仕様』で頑張ります







受信改善・アンテナ修理 アンテナ立替え 神奈川県 相模原市 南区

受信改善・アンテナ修理 アンテナ立替え 神奈川県 相模原市 南区 施工例

受信改善・アンテナ修理 アンテナ立替え 神奈川県 施工例






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント