神奈川県相模原市中央区並木 受信改善・アンテナ修理

神奈川県相模原市中央区並木 受信改善・アンテナ修理


テレビが急に映らなくなった事でお伺い致しました

テレビが映らなくなる原因の3大ポイント

受信改善・アンテナ修理


一つ目は、ブースター接続接栓の手締めでの緩み

風で接続接栓が触れたり、離れたりして起きるケースが多い

これは大丈夫でした

受信改善・アンテナ修理


二つ目は、屋根に転がる配線の経年劣化によるひび割れ

ひび割れで雨水が入り込み、ブースター電源通電不良

雨天後に起きるケースが多く、天候回復後に解消されるが

雨天になると起き、何度も繰り返し、最後に映らなくなる

これもやや劣化はしておりましたが、大丈夫

受信改善・アンテナ修理


三つ目は、渡り配線と建物引き込み配線の接続接栓

防水テープが巻かれてましたが、雨水が入り込み腐食

配線が真っ黒に劣化・腐食してのブースター電源通電不良

2番目と同様、最初は雨天時に起こり、天候回復で直る

繰り返しているうちに、最後に全くテレビが映らなくなる


一般的なアンテナ工事屋さんであると、建物引き込み配線の

余長を建物内に押し込んでいる事はまず無いので

つなぎ直すには、困った事になります

配線が腐食した場合、配線内に水分が入り込んています

水分が多少でも残っているとブースター電源の通過で暖まり

1~3か月で再発、腐食してしまう事が多いからです

お客様に状況をご説明し、建物引き込み配線をギリギリで切り

再接続してアンテナ修理をするか

ユニットバス天井裏にある分配器まで渡り配線を新設するか

アンテナ修理費用も異なりますが、建物に穴を開ける事になる

状況をご確認、把握されたお客様のご要望は、今回は前者

受信改善・アンテナ修理


残念ながら既存渡り配線がギリギリ引き回されていたので

切り詰めての再接続が出来ないので、渡り配線引き直し

受信改善・アンテナ修理


建物引き込み配線はギリギリで切断して再接続

これで次の接栓がもう作れない長さになってしまいました

受信改善・アンテナ修理


防水テープを重ね巻き、保護のビニールテープを重ね巻き

入線カバー内に接続接栓を納めて、アンテナ修理完了

テレビ視聴は無事戻ったので、再発しない事を祈るばかり

お客様の運と私の運・・・持って下さい







受信改善・アンテナ修理 神奈川県 相模原市 中央区

受信改善・アンテナ修理 神奈川県 相模原市 中央区 施工例

受信改善・アンテナ修理 神奈川県 施工例






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック